動画を撮る環境を整える(マイク音撮りたい場合)

動画撮影環境についてちょっとまとめました。

音声の録音

PC のスピーカー音だけ録音したいなら話は簡単。使用している再生デバイス選ぶだけ。
問題は PC のスピーカー音(再生してる音)と、マイク音声(自分が話してる音)を一緒に録音したい場合。

方法は大きく分けて 2 つ。

  • ステレオミキサーを使う
  • Vista 以降で対応した 2 系統同時録音に対応したソフトを使う

ステレオミキサー

Vista より前の OS(XP とか)の人は 2 系等同時録音が使えないから、ステレオミキサーしかない。ステレオミキサー機能が付いていないサウンドカードだったら、付いているサウンドカードを買うか、アマミキなど擬似的にステレオミキサーしてくれるソフトを使うか。

PC のスピーカー音とマイク音をまとめて 1 つにして出力することが出来るアマミキは便利なんだけど、使っているデバイスによってはエラーが出てしまいうまく動かない様子。そうなったらもう諦めるしか……。

ステレオミキサーは USB ヘッドホンや USB マイクだと使えないので、USB 接続+XP の人はアマミキを試してダメだったら何かしら買い足さないと無理ゲーです。

あまラボ アマミキ! AmaRec Audio Mixer 仮設TOPページ

2 系等同時録音に対応したソフト

Windows Vista 以降、2 系等同時録音ができるようになりました。これは 1 つの動画に複数の音声をバラバラに録音できる機能。たとえば、スピーカーから流しているゲーム音と、マイク入力している自分の声(VC とか)を別々に同時録音することができる。

この機能に対応しているソフトでは、音を同時にいくつかのデバイスで録音できるので、USB マイクとスピーカーとUSB ヘッドホンの同時使用だぜーみたいな環境でも余裕です。「2 系等」とあるけれど、ソフトが対応していれば同時に 2 つ以上の音も録音できます。

Windows Vista 以降なら、対応しているソフトを使うとかなり楽なのでオススメ。

obs_sound

↑ 2 系等同時録音に対応している Open Broadcaster Software の設定画面例。2 つ設定することができる。

dxtory_sound

↑ 2 系等同時録音に対応している Dxtory の設定画面例。1、2 とオーディオにあるが、「+」ボタンを押していくことで 8 個まで同時に録音可能。

2系統同時録音

ソフト

色々あるけどイチオシの 2 つ(+1)だけ。

PreCapt

フリー。簡単で使いやすく RO に特化した機能(名前部分消すとか)もあって良かったんだけど、2013/10/31 現在 PreCapt のサイトが消失してます。更新が止まって 2~3 年たっていたし仕方ないのかなー。使いやすいソフトだったので残念。

最低限の機能はしっかり抑えてるんだけど、いかんせんちょっと古いから、2 系等同時録音には対応していません。

Dxtory

ExKode | Dxtory
有料。お金を払わないで使える試用モードもあって、その場合「Dxtory」と大きいロゴが入る。フリーでロゴなしがいいなら PreCapt かアマレココあたり使えばいいと思う。

2 系等同時録音に対応していて使い勝手も良い。Dxtory は RO に限らずゲーム動画撮るなら万能選手なので、Vista 以降で興味あったら試用してみてもイイかも。XP だと同時 2 系等録音も使えないし PreCapt でもイイかも。

番外編:Open Broadcaster Software

配信ソフトなんだけれど、手軽なのでオススメです。ちょっとだけ撮って見なおしたい、とか、そういう用途ならコレで十分だと思う。2 系等同時録音にも対応! ただし Vista 以降でしか動かないので注意。

私は OBS 使う時は、PreCapt で「配信」ボタンを押して映像取得して、OBS ではビデオデバイス取得で PreCapt を設定してます。これだとウィンドウが裏側に行ったり、別のウィンドウが上に来ても問題無く RO 画面だけ配信できるので。ウィンドウキャプチャ配信だと、違うウィンドウが上に来たときそれごと配信しちゃうけど、ビデオデバイスから取得だとそういうことはないから便利。

2 系等録音したけどファイル 1 つなんだけど!?

ファイルは 1 つになってるけど、ちゃんと音声は複数入っています。そのまま AviUtl に突っ込むと音が 1 つ分しか入らないので、録画した動画を右クリックして「Extract Audio Stream」をクリック。

2013-10-31_17-21-43

そうすると、ファイル名-st0.wav とか ファイル名-st1.wav といった音声ファイルがスッと書き出されます。動画編集時にはこの音声ファイルを AviUtl に突っ込んであげればバッチリ。

別々に音が操作できるので Audacity などの音声操作ソフトで音のノーマライズとかやったりもできます。音が小さいんだけど……なんてときは使うといいんじゃないかなと。細かいことは面倒くさいから割愛します。

どれ選べばいいの!?

フローチャート作りました。
mic_chart

2 系等同時録音対応ソフトで撮るのが最も簡単。

まとめ

マニアックで誰得な内容、第二弾でした。

録画してエンコして UP するのが面倒くさかったので最近は twitch で配信して、その配信ログをそのまま見て貰ったりしてたんですけど、また録画もしようかなーと思って。twitch 手軽でいいんだけどビットレート上げると重いんだよねー。かといってビットレート下げると画質荒くなるんだよねー!

twitch は録画と同時にエンコしてそれを配信してる感じなんだけど、やっぱり動画の綺麗さでいうと、録画してからエンコを別途やったほうが綺麗。

FEZ SNS に過去に自分が書いた動画関連の内容見返したんだけど、Fraps で録画して VirtualDub で編集して Stage6 に UP して~とか書いてあって目頭熱くなった。Stage6 ヨカッタのになあ。

コメントは受け付けていません。